人事サポート.com トピックス


◆2020年5月1日(金)8:51:42
【 MCA 町田市経営診断協会では・・・】

東京都感染拡大防止協力金に関する支援が始まりました。
***支援内容***
新型コロナウイルス感染等拡大防止のため、都の要請や協力依頼に応じて、施設の使用停止や施設の営業時間の短縮(以下「休業等」)に協力いただける中小の事業者の皆様に対し、協力金50万円(2事業所以上で休業等に取り組む事業者は100万円)が支給されます。詳しくは4月22日に東京都から出された「東京都感染拡大防止協力金のご案内」をご覧下さい。

この協力金の申請にあたっては、「申請要件を満たしているか」「添付書類が十分か」などについて、専門家による事前確認が推奨されています。

当協会では「事前確認を行う専門家」にあてがなく困惑されている事業者様に対し、以下のご支援をさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。なお、当相談に関して事業者様から費用を頂くことはありませんので、その点は心配ご無用です。

(1) 町田商工会議所内(特設スペース)における事前確認支援

 平日:午前9時〜午後5時まで

(2) 土日、祝日を含む電話対応(事前確認支援調整)

 平日、土日、祝日:午前9時〜午後5時まで

 【専用電話:080-5199-1140】

ホームページ  http://www.mca-consul.gr.jp/cooperate





◆2020年4月12日(日)16:31:50
【新型コロナウィルスの感染拡大を抑制するには】

知人からの情報ですが、
東京慈恵医大勤務 臨床技師からの情報とのことです。
以下御覧ください。2020年4月12日情報
感染予防法も書かれているので、参考になさってください。

この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。
私の病院のコロナ病床は満床になりました。重症者もいます。
現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。

正直、報道よりも一般のみなさんが思っているよりも、現実は非常に厳しいです。
近い将来、本来助けられるはずの命が助けられなくなる事態になりそうだと感じています。
今まで、どんな人でも少しでも生きたいという思いがあるのなら、全力で命を助ける医療をやってきました。
でも、このまま感染が拡大すれば、「助ける命を選択する医療」にシフトしなければならなくなります。
本当に悲しい。

だから、外出を控えてください、人と会わないでください。
感染を食い止める方法はこれしかありません。
生きていくための最低限の外出だけにしてください。
このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。

時間がもうありません。よろしくお願いします。

以下注意事項

ウイルスが出てくるのは咳とか唾とか呼気。 でも普通の呼気ではうつりません。 これまでのほとんどの感染は、

@感染者から咳やクシャミで散った飛沫を直接吸い込む、
A飛沫が目に入る、
B手指についたウイルスを食事と一緒に嚥下してしまう 
という3つの経路で起こっています。

感染にはウイルス粒子数として100万個ほど必要です。一回のくしゃみや咳や大声の会話で約200万個が飛び散る
と考えられています。つまり感染者がマスクをしているとかなり防ぐことができます。
なるべく鼻で息を吸いましょう。口呼吸で思い切りウイルスを肺の奥に吸い込むのはダメです。

外出中は手で目を触らない、鼻を手でさわらない(鼻くそをほじるのはNG)、唇触るのもだめ、口に入れるのは論外。
意外と難しいが、気にしていれば大丈夫です。

人と集まって話をする時は、マスク着用。 食事は対面で食べない、話さない。食事に集中しましょう。
会話は食事後にマスクして。

家に帰ったら、速攻手を洗う。アルコールあるなら、玄関ですぐに吹きかけて、ドアノブを拭きましょう。

咽頭からウイルスがなくなっても、便からはかなり長期間ウイルスが排出されるという報告があります。

ノロウイルスの防御法と同じように対処を忘れずに。

感染防御のルールを再度整理します。

@マスクと眼鏡の着用
A手指の洗浄と消毒
B会食は対面ではせず、一人で食事を短時間で済ませる
C外から帰宅時は先にシャワーを浴びてから食事

陽性患者さんの多くは、手指から口に入るか、食事の時に飛沫感染しているようです。

以上を守って元気でいましょう。 



トップページに戻る